• 事業内容
  • 空調設備
  • 衛生設備
  • リニューアル
  • 施工実績

リニューアル

時代とともに建物の環境も進化していきます

人が成長するにつれて、服のサイズも好みも変っていくように、時代の流れとともに建物の使い勝手に対するニーズも日々変遷しています。人々は暮らしに対して「もっと便利に、もっと快適に…」と、見た目だけでなく中身も伴ったレベルアップを求めてやみません。いつまでも同じ機能ではカバーできないほど、時代の流れは進化しています。
そんな現代社会において止まることなく、これからの「快適で便利な社会」を模索し続ける…。それこそが、私たち三晃空調の大切な役目だと考えています。

ビルを生命体として捉える

ビルと人間の身体。一見、あまり関わりがないように思われますが、実は大変よく似ています。それは、人間の身体に無数の血管が巡っているように、生命線としてビル内部に数多くの配管が縦横無尽に張り巡らされていることです。したがって配管が壊れたり、空調のコントロールが悪化すればビルも人間と同様、病気になってしまいます。
ビルのメンテナンスを、人間にたとえるとしたら“健康診断”と同じ行為。つねに良好な状態を保ち続けるためにも、専門の“ドクター”が必要になってくるのです。
一方、「ビルの寿命は60年」といわれるなか、空調設備は10~15年がライフサイクルといわれています。多くのビルは、その寿命の中で空調設備のリニューアルを幾度となく迫られるわけです。しかし、一からビルを建て直すには、かなりの労力やコストがかかります。今あるものを有効活用することで、コストだけでなく、資源の節約にもつながり、環境保護の面においても大きな効果が期待できます。リニューアルが注目され、需要が増えているのはこのためです。
三晃空調は、いわばビルの“主治医”。ビルの誕生からメンテナンス、リニューアルまで、永続的なお付き合いを通して、快適な空間づくりを全ういたします。

ページトップ