RECRUITING SITE

社員インタビューINTERVIEW

社員インタビュー

お客様に喜ばれる設備を
作り上げることの喜び。

川杉 哲生
2004年入社 / 東京本店 営業統括部
経済学部経済学科卒

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。

社内へのフィードバックも営業の大切な仕事

社内へのフィードバックも営業の大切な仕事

受注は、一人の能力では達成できません。社内の企画設計・積算・原価・調達・技術の各部署の協力が必要です。営業は、その成果を材料にお客様と交渉を行います。発注者が求めていること、考えていることを正確に把握し、社内へフィードバックすることも営業の大切な業務です。受注後は、円滑に現場が進むよう、お客様との関係強化や追加増減交渉なども行っていきます。金額が大きい案件の交渉はプレッシャーがかかりますが、社内の各部署が作り上げてくれた材料を無駄にしないという強い気持ちで交渉して、受注を獲得し、その後、お客様に喜ばれる設備を作り上げることができた時は、やってきて良かったなと心の底から感じます。

新しいやり方・発想を提案・発言できる人財に

新しいやり方・発想を提案・発言できる人財に

入社の決め手は、身近に建設されていく建物に関与する仕事にあこがれを持っていたこと、そして、大きな金額を扱うため、厳しい世界である一方で、成果が出せた時は、感動も倍になると思ったからです。学生時代に屋外配管の施工会社でアルバイト経験があったことも理由のひとつ。建設業界は「汚い・きつい」などのイメージがあるかと思いますが、それも一昔前。近い将来、AIが実用化されると、マニュアル人間では通用しなくなります。新しいやり方・発想をどんどん提案・発言できる人財が、企業から求めるようになります。自分のスキルアップを怠らず続けていける人間性を持っていれば、必ず成果が出せると思います。

ある日の1日

  1. 6:30

    起床

  2. 8:20

    出社

  3. 午前の業務

    メール整理、客先連絡・訪問、社内調整

  4. 12:00

    昼食

  5. 午後の業務

    社内調整、客先訪問・連絡、書類作成

  6. 18:30

    退社

  7. アフター5

    お客様もしくは同僚と食事

  8. 24:00

    就寝

休日の過ごし方

可能な限り家族との時間を取れるように、子どもと公園で遊んだり、行事関係に出席するように心がけています。また、休日は外食によく出かけます。

学生時代の思い出

学生時代の思い出

高校時代はサッカーの事しか考えていない学生生活でした。大学時代は人と関わることで様々な事を学びました。